エスポナビ-健康・ダイエット・美を発信する情報ポータルサイト-エスポNAVI

ダイエットに最適なのは冬!?冬が痩せやすくなるそのメカニズムとは?

calendar

こんにちは。

だいぶ寒くなってきましたね。

寒くなってくると体を動かすのも億劫になってきます。

しかし、冬は意外と痩せるのに最適な季節だということをご存知ですか?

今回は、なかなか運動をするのが嫌な季節「冬」が意外と痩せやすいというメカニズムをご紹介いたします。

なぜ冬は痩せやすいのか

まず初めにお伝えすることは、痩せやすい季節だからと言って何もしないでも痩せるということではありません!

運動をすれば他の季節よりも効果が高いということです。

気温が低いところに居ると必然的に体温も下ろうとしてきます。

そうすることによって、人間は体温を保とうと頑張ります。

頑張るということは体の中でエネルギーを使いカロリーを消費しているということになります。

ですので、代謝が上がりやすくなるというメカニズムにつながるのです。

寒くなるとブルブルっと震えたりよくすると思いますし、寒い日って家に帰ってくると「疲れたな~」ってなりませんか?

それはそれだけエネルギーを使っている証拠なのです。

夏の方が痩せやすいんじゃないの?

夏場なんかは、気温が高いですので体の体温を上げようとする必要はありません。

よく、汗をいっぱいかいているから夏場は痩せやすいという事を聞いたことがあるかもしれません。

しかし、それはあくまで水分が出ているだけであって、直接的な痩せるメカニズムとは違います。

「夏場に痩せた」という方が周りにいらっしゃったら、それは夏場に水分を摂り過ぎてしまい、胃腸が弱ってしまい食欲が湧かずに、食事量が減ったという事が原因でしょう。

なので、それが改善してくる「秋」を「食欲の秋」と例えることが多いのです。

確かに、秋は旬で美味しい食べ物も多いですが、夏場に水分を摂りすぎて弱った胃が回復して食欲が戻るのが秋なので、そういった表現がされているのでしょう。

油断をすると太りやすいのも冬

逆に油断をすると太りやすいのも冬です。

その要因としては大きく3つあります。

  • 寒いと食欲も増えるし、飲み会の季節も重なる
  • 運動するのが億劫になる

まずは、寒いと身体的には脂肪を溜め込もうとする働きも出てきます。

身体が冷えてくるので脂肪で守ろうとするのです。

食欲も出てきてしまいますので何も気をつけようと思わなければどんどん食べてしまうという結果になります。

それに追い打ちをかけるかのように飲み会シーズンが重なります。

お酒がすすめば、食欲も増え、最終的には塩分がほしくなり締めのラーメン・雑炊など食べてしまうのが、何日も続けばどうなるかは皆さんでも想像がつきますよね?

また、冒頭に申し上げた通り、寒い季節は意識をもたないと「よし運動するぞ」という季節ではありません。

寒くなれば誰しも暖かいところでのんびりしているのが一番ですし、その状態から運動しようと思うのはなかなか厳しいかと思います。

よく、夏と冬にスポーツクラブに入会する人は継続する確率が高いと言われていますが、それは厳しい状況の時に入会した人は何かしらの動機・意識があって入会される方が多いので継続しやすいらしいです。

やはり何事もモチベーションが大事だということなのでしょう。

実際にどんな運動をすればいいの?

冬だから特別これをしなさいといういうのはありません。

寒いからといってなるべく動かない、服を何枚も着込んで暖かくするのではなく、歩いたり、なるべく階段を使ったり、寒くなったら体を動かして体を温かくするということが非常に大事です。
※気温が低い際は筋肉の柔軟性も少ないので急な激しい運動には注意してください

雪の降る地域では、子供達が雪遊びなどすると思いますが、メカニズム的にはあれはかなりの効果的な運動と言えます。

プールトレーニングで同じ環境下でのトレーニングを行おう

逆に室内で行うスポーツクラブのトレーニングは、トレーニング環境が年中変わることはそこまでないかと思いますので、直接的な影響はありませんが、メカニズムを応用して行うトレーニングはあります。

それはプールトレーニングです。

スポーツクラブのプールの水温はそのクラブで違いがあるので一概には言えませんが、温水プールでなければ同じメカニズムで痩せやすい環境を作りやすいです。

水温30度のプールに入ればもちろん体温は奪われてきます。

そこで泳ぐのも良し、プール内でダンスするのも良し、ダッシュするのも良しです。

ここで行っていけないのはゆっくりとした運動をすることです。

ゆっくりとした運動だとエネルギー消費量が上がってこないのであまり効果的ではありません。

ぜひプールに入ったときはしっかり泳ぐ、ペースを上げて歩く、プール内でのグループレッスンに参加するなどしましょう。

まとめ

今回は冬に痩せるメカニズムをご紹介してきました。

ポイントは体温が下がるタイミングで体内でエネルギー消費が始まるので、自らも運動をしてその消費量を増やすということです。

どうしても寒くなると運動が億劫になってしまうのはしょうがないことです。

しかしながら、チャンスはすぐそこに来ています。

また、そのメカニズムを応用して一年中行えるプールトレーニングもありますし、また違ったトレーニングなんかも今後出てくるかもしれません。

トレーニングは科学です。より質の良い情報を得てから行えば、その後の結果が変わってくるはずです。