エスポナビ-健康・ダイエット・美を発信する情報ポータルサイト-エスポNAVI

内臓脂肪と皮下脂肪の違いや見分け方は?それぞれの脂肪の落とし方

calendar

reload

内臓脂肪と皮下脂肪の違いや見分け方は?それぞれの脂肪の落とし方

脂肪には大きく分けると内臓脂肪と皮下脂肪があります。

これらは、同じ脂肪でも付く場所が異なります。

今回は、内臓脂肪と皮下脂肪の違いと見分け方、そして脂肪の落とし方を紹介します。

内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは


出典:https://www.photo-ac.com/

内臓脂肪と皮下脂肪は同じ脂肪細胞からできていますが、脂肪がつく場所によって分類されます。

まず、最初に内臓脂肪と皮下脂肪の違いについて覚えておきましょう。

内臓脂肪とは

内臓脂肪とは、呼んだ感じで想像つくかと思いますが内臓の周りに付く脂肪のことを言います。

体の内側、内臓や腸の周りなど深いところに付く脂肪です。

内臓脂肪が付く原因は、主に高カロリー(特に脂質が高いもの)を食べすぎたり、そもそも食事の量が多かったりすることです。

一般的に男性の方が付きやすいと言われています。

これは内臓脂肪は皮下脂肪に比べて燃焼が早く、もとより体を動かしていた男性はエネルギーを必要としていたからだと言われています。

皮下脂肪とは

皮下脂肪は、皮膚のすぐ内側に付く脂肪を言います。

皮下脂肪が増えると、目に見えて体のラインが太くなるのが特徴です。

食べ過ぎや運動不足が原因で皮下脂肪は増えますが、出産を行う女性の場合、子宮を守ったり温める目的で腰回りの皮下脂肪は付きやすくなっています。

バランスの良い食生活と運動習慣を身に付けることで皮下脂肪は落ちやすくなります。

内臓脂肪と皮下脂肪、どうやって見分ける?


出典:https://www.photo-ac.com/

内臓脂肪と皮下脂肪の見分け方はいつくかありますが、ここで紹介する方法はあくまで目安となります。

だいたいにおいて内臓脂肪だけ、皮下脂肪だけといった付き方はしませんので、内臓脂肪と皮下脂肪どちらが多いかといった判断ができる方法です。

正しい脂肪率を知りたい場合にはスポーツクラブなどにある高性能な体重計を使い、定期的に内臓脂肪と体脂肪率を計測することをおすすめします。

お腹の見た目

まずは、お腹の見た目です。

内臓脂肪がついている場合には、お腹がパンパンになっていることが多いです。

脂肪が内臓についているため、お腹全体が内側から押し出されている感じになります。

一方で皮下脂肪の場合は、お腹がたるんでいることが多いです。

皮膚がたるんで、脂肪がぶら下がっているようなら皮下脂肪が多いと言えます。

  • お腹がパンパン→内臓脂肪
  • お腹がたるんでいる→皮下脂肪

お腹をつまんでみる

お腹をつまんでみて、脂肪をたくさんつまむことができたら皮下脂肪の可能性が高くなります。

脂肪をあまりつまめない場合には、内臓脂肪が多いとなります。

内臓脂肪は、体の深く内側にあるため手でつまむことができません。

お腹をつまむときは、指先でつまむのではなく手のひら全体でつまむようにしてください。

また、つまむ方法と似ていますが、お腹をつねってみるのも脂肪を判断することができます。

お腹をつねって痛かったら内臓脂肪、痛みがあまりなかったら皮下脂肪の可能性が高いです。

  • たくさん脂肪をつまめる→皮下脂肪
  • あまり脂肪をつまめない→内臓脂肪

 

  • お腹をつねって痛くない→皮下脂肪
  • お腹をつねって痛い→内臓脂肪

お腹を触ってみる

皮下脂肪がついているとお腹は暖かくなります。

手のひらでお腹を触ってみて、お腹を温かいと感じるのであれば皮下脂肪が多い可能性があります。

反対に、あまり温かさを感じないようであれば内臓脂肪です。

お腹の温度でも脂肪を判断することができます。

  • お腹が温かい→皮下脂肪
  • お腹は手のひらと同じ温度→内臓脂肪

内臓脂肪や皮下脂肪の落とし方


出典:https://www.photo-ac.com/

それでは、内臓脂肪、皮下脂肪の落とし方のお話をしていきます。

ここで、一つ覚えておいてほしいのが内臓脂肪も皮下脂肪も脂肪なので、バランスの良い食生活と十分な運動習慣を身に付けることがとても大切になります。

脂肪を落とすことに近道はありませんので、長い目で地道に落としていきましょう。

内臓脂肪、皮下脂肪、燃焼するには順番がる

脂肪細胞はまんべんなく落ちていくわけではなく、ある程度落ちる順番があります。

まずは、内臓脂肪が落ちていきます。

次に皮下脂肪ですが、腕やふくらはぎなどの皮下脂肪が落ちて、腰回りやお腹周りは最後に落ちます。

これは、お腹の中に体にとって重要な器官がたくさんあり、保護する目的があるためです。

さらに女性には子宮もあるため、生理的にお腹周りは脂肪で保護しようとします。

とはいえ、お腹周りの脂肪が落ちないわけではありませんので、長期的にダイエットに取り組みお腹周りの皮下脂肪を落としていきましょう。

地道に生活習慣の改善が必要

前にも書いたように、脂肪を落とすことに近道はありません。

自分の生活習慣を見直して、規則正しくバランスの良い食生活と十分な運動習慣を取り入れるようにしましょう。

またダイエットは一時限りのイベントではなく、今後継続する新しい生活習慣を作る作業です。

お腹周りの脂肪が落ちるころには、全身の脂肪が落ち綺麗な体のラインができてくると思います。

その過程も楽しみながら、ダイエットに挑戦していきましょう。

まとめ


出典:https://www.photo-ac.com/

内臓脂肪、皮下脂肪の見分け方、落とし方について説明してきました。

自分のお腹の脂肪を確認したら、さっそくダイエットに挑戦してみましょう。

まずは内臓脂肪を落とし、次に皮下脂肪です。

お腹周りは最後の最後に落ちてきます。

長い道のりですが、地道にコツコツ挑戦することで必ず綺麗な体を手に入れることができます。