エスポナビ-健康・ダイエット・美を発信する情報ポータルサイト-エスポNAVI

太らない食事のルール ちょっと意識するだけ誰でもできる5か条

calendar

reload

太らない食事のルール ちょっと意識するだけ誰でもできる5か条

普段何気なく行っている食事ですが、ちょっと意識を変えるだけでも太りにくくすることができます。特にダイエットでは食事を意識することはとても大切です。

ここでは、太らないための食事で意識してほしい5つのルールを紹介します。ダイエット中でトレーニングを頑張っているのになかなか結果に出ないという方は、ぜひ参考にしてください。

食事は適量をバランスよく

太らない食事のルールを紹介する前に基本的なお話をしていきます。食事は適量でバランスよく食べるということです。

ダイエット中にも関わらずたくさん食べてしまったり、野菜が少なく炭水化物ばかりを食べてしえば、それは太ってしまいます。

ダイエットの8割は食事で決まると言っても過言ではないほどに食事は大切です。食事の量、そして内容、さらには間食を控えるなどは徹底して行うようにしましょう。

太らない食事の5つのルール

早食いは太る原因に!ゆっくり良く噛んで食べよう

早食いは太る原因になります。

参考→早食いは太ると言われるけど本当?早食いが太る言われる原因と早食いを治す4つのポイント

太るばかりでなく胃腸など消化器官にも負担がかかるため健康的ではありません。良く噛んで、ゆっくり食べることを基本にしましょう。また、ゆっくり食べることで食事の量も減ってきますので、一石二鳥と言えます。

水は常温で!たくさん飲むようにしよう

水分は私たちにとってなくてはならないもの。水分が不足すると、代謝が悪くなったり、老廃物が排出が滞ったりと体に良くないことが多々あります。

ただ、この水もできれば白湯、少なくても常温で飲むようにしましょう。冷たい水を飲むと体が冷えてしまうからです。外食の時も定員さんに「水は氷なしで」と頼むと常温の水を持ってきてくれます。水分はとても大切ですが、飲み方を注意してみてください。

参考→1日に必要な水分の量は?1日2リットル水を飲めばよいって本当?

お肉はしっかり食べる

ダイエット中にお肉を控える人は多いようですが、お肉はとてもたんぱく質の多い栄養源です。特にトレーニングをしている人はたんぱく質が必要なためにお肉を食べるようにしましょう。

また肌を作るのもたんぱく質です。もちろん食べ過ぎは良くありませんし、脂身は少ないお肉の方が良いでしょう。ただ、腹持ちが良く間食を防ぐ効果もあるため、お肉は食べるようにしてください。

参考→肉ダイエット法!ダイエット中でも肉はOK!食べ方や食べる量に気を付けよう

ビタミンミネラルは意識して

ビタミンやミネラルはとても大切な栄養素です。野菜などを食事に取り入れてしっかりと摂取するようにしたいです。

特にトレーニングで汗をかくとミネラルも汗と一緒に流れてしまうので、ミネラル分は意識して多めに摂ります。食事の補助としてサプリメントを使うのもありです。マルチビタミンやマルチミネラルといったサプリメントを食事の補助として活用しましょう。

食物繊維もお忘れなく

きのこ類や海藻類など食物繊維の豊富な食材をしっかり食べるようにしましょう。腸内環境の改善に役立ち、肌つやなども良くなります。この食物繊維を多く含む食材は、低GIといって血糖値がゆっくり上がる食材なので、食事の一番最初に食べるのがおすすめです。食事による血糖値の急上昇を防ぐことができます。

さらに白米を玄米に変えるだけで食物繊維をたくさん食べることができるようになります。玄米が苦にならない人は、ぜひ変えてみてください。

減らすのは炭水化物

食事制限をしながら様々な栄養をたくさん摂るのは難しいと感じる人も多いかもしれません。まず、食事の中で減らすべきなのは炭水化物です。ご飯やパン、麺類など主食と言われるものですね。

炭水化物は体に必要な栄養素なので、まったく取らないというのは問題ですが、多く摂る必要はないものです。たんぱく質、ビタミン、ミネラルを意識して食べて炭水化物、それと脂質は少なくしましょう。これだけでも体重に変化があらわれてくるかもしれませんね。

まとめ

今回は太らない食事のルールについて紹介しました。このルールはちょっとした心がけ一つでできるものばかりなので、ぜひ実践してみてください。

ルールは

  • ゆっくり食べる
  • 水は常温でたくさん
  • お肉は食べる
  • ビタミンミネラルは多めに
  • 食物繊維もたくさん

となります。
ちょっとしたところにも気を付けてダイエットに成功しましょう!