エスポナビ-健康・ダイエット・美を発信する情報ポータルサイト-エスポNAVI

間食はダイエットの天敵?ダイエット中でも食べれる上手な間食の食べ方とは

calendar

みなさんこんにちは!

今回はダイエットと間食について記事を書いていきたいと思います。

みなさんは間食をしますか?

仕事の合間、休みの日、人によってタイミングは異なるでしょうが、ついつい間食をしてしまうことはありますよね。

私もお菓子が好きで、仕事の合間につまんでしまったりすることはあります。

一般的に間食は「良くないもの」と思ってる人が多いと思います。

しかし、食べるものや、食べ方を工夫することで健康面でプラスになったりすることもあります。

今回の記事では、特にダイエット期間中に限定して間食のことを詳しくお話をしていきます。

ダイエット中の方はもちろん、ついつい間食を食べてしまう方も読んでみてください。

間食が必ずしも悪いこととは限らない


出典:https://www.photo-ac.com/

間食とは、食事(朝食・昼食・夕食)以外に摂取する食べ物や飲み物のことで、その種類は、お菓子・嗜好飲料・果物・菓子パン、ファストフードなど様々です。

食事の他に間食を食べると、食べた分だけカロリーオーバーになってしまうことが多いため、ダイエットをしている方は間食を食べないようにすることが当たりまえになっています。

もちろん、ダイエット中にカロリーを抑える目的で間食をやめることはとても良いことです。

しかし、間食は上手に食べることで食事だけでは摂取できない栄養素を補うことや、仕事や勉強などでの気分転換も期待できますし、生活にうるおいを与える役割も持っています。

間食を食べるうえで気を付けていただきたいことは「好きなものを好きな時に好きなだけ食べて良い」というのではなく、何をどのタイミングで食べるかということです。

おにぎりとサンドイッチだったらサンドイッチのほうがいいですし、シュークリームとメロンパンだったらシュークリームのほうがいいです。

このようにちょっと食べる物を考えて選ぶだけでもプラスになることがありますし、ダイエット中であれば食事を含めた全体のカロリーをコントロールすれば間食も食べて大丈夫ということになります。

健康に良い間食とは


出典:https://www.photo-ac.com/

みなさんは昼食と夕食の間はどのくらい空いていますか?

一般的な平均時間は、お昼が12時台、夜が19時台だそうです。

仕事で帰りが遅い人や、学校の部活動で夕食が遅くなってしまう人も多いですよね。

こうなると、夕食を食べるときにはとても空腹な状態になっており、これが太る原因になってしまいます。

人間は、空腹を感じると脳がなるべくエネルギーを吸収しないといけないと判断し、次の食事でたくさんのカロリーを摂らないと満足しなくなってしまうからです。

それを防ぐためには、食事の間に間食を摂り、空腹な状態を減らしてあげることが効果的です。

さらに間食を摂ることで、空腹感を減らすだけでなく血糖値が安定するため、夕食時に急激に血糖値が上昇することも防ぐことができます。

ダイエット方法の中には間食ダイエットというものがありますが、これは血糖値を安定させて急な上昇を防ぐダイエット法です。

それくらい血糖値の急上昇はダイエットにとってマイナスになります。

食事を含めた全体の摂取カロリーが多すぎるのは問題ですが、しっかりカロリーを調整しながらの間食は積極的に取り入れても大丈夫なのです。

食べる物と時間帯を工夫しよう


出典:https://www.photo-ac.com/

前にもお話しましたが、間食は「好きなもの好きなだけ好きな時」に食べて良いのではありません。

ここでは、間食におススメの代表的な食品を4つ紹介します。

できれば4つをバランス良き間食で摂っていただけると良いです。

ナッツ類

ナッツは食物繊維とミネラルが豊富で、1日20粒程度を目安に食べることがおすすめです。

ヨーグルト

たんぱく質と脂肪が一気に摂れ、カルシウムも豊富なのでおやつに最適です。

腸内環境も改善し、食事制限で起こりやすい便の調子をよくしてくれます。

ビターチョコレート

チョコレートと聞くとダイエットの敵のように感じますが、カカオ70%以上のビターチョコレートを選ぶことでカカオのパワーで血流がアップします。

また腹持ちもいいため間食に最適です。

フルーツ

単体で食べるよりも、例えばリンゴ1個にヨーグルトを組み合わせるなど、たんぱく質との組み合わせで食べると腹持ちもよくなります。

いずれも食べ過ぎはカロリーオーバーになるので、1日の間食は200calを超えないようにすることが大切です。

間食を摂る一番良いタイミングは?

間食は昼食の4時間後、夕食の4時間前が理想のタイミングと言われています。

理想のタイミングで間食を摂るにはお昼と夜の食事の間は8時間必要になります。

「仕事で夜ご飯が遅くなる」といった理由で食事の間が8時間以上空いてしまう場合に間食を摂るようにしましょう。

昼食後6時間で夕食を食べるといった生活リズムの方なら間食は控えた方がいいです。

まとめ


出典:https://www.photo-ac.com/

いかがでしたか?

間食は悪いことでなく、むしろ積極的に取り入れていいものだと分かりましたね。

最近ではコンビニやスーパーでも健康を考えた食品が非常に多くあり、上記で紹介した食べ物以外にも間食に適した食材は豊富にあります。

量や時間帯も工夫して、健康な食生活を目指していきましょう!