エスポナビ-健康・ダイエット・美を発信する情報ポータルサイト-エスポNAVI

朝食はダイエットにも効果的!?あなたの健康を支える朝食の重要性とは

calendar

reload

朝食はダイエットにも効果的!?あなたの健康を支える朝食の重要性とは

こんにちは。突然ですが、みなさんはしっかりと朝食は食べてますか?出勤や通学まで時間がなく朝ごはんを食べずに出かけてしまったり、朝は食欲がなく食べない習慣を持っている人も多いと思います。

しかし「朝ごはんはしっかり食べるように」と私たちは教えられてきました。

「朝ごはん」というのはそれだけ身体と健康に良いものなのです。このページでは「朝ごはん」がどのように健康に良いのか、そして朝ごはんではどんなメニューが理想的なのか、詳しく説明していきたいと思います。

朝食で1日のすべてが決まる!?朝食を食べるメリットとは?


出典:https://www.photo-ac.com/

朝食を食べることで得られるメリットは

  • 体温を上げ身体を目覚めさせる
  • 身体のリズムをつくる
  • 栄養のバランスがとれる
  • お昼までのエネルギー源の供給

などが挙げられます。

人間は午前中の方が、午後よりも脳が活発に動くという話は知っている方も多いかと思います。それだけに朝ご飯を食べて、エネルギー源を供給することは脳にとってとても重要なのです。

最近流行りの「朝活」も午前中に脳が活発に働くことから始まったことです。また、朝食を食べることは1日の始まりを身体に教えることができる儀式みたいな役割もあります。しっかりと食事を摂り体温を上げ、エネルギーを供給するようにしましょう。

反対に朝ごはんを食べないで過ごすと、

  • 目覚めの悪い状態
  • 勉強や仕事、運動の能率が上がらない
  • 集中力が低下して午前中の活動に支障をきたす

などの状態を作ってしまいます。

朝食でその日1日が決まるといっても過言ではありませんね。

朝食の効果とは?


出典:https://www.photo-ac.com/

ここでは朝食を摂ることで得られる効果を具体的にお話します。

朝ごはんを抜くと頭が働かないは本当?

まずは頭の働きについてです。

脳はブドウ糖のみをエネルギー源として活動するもので、脂肪やたんぱく質などをエネルギーとして使用することができません。脳が必要なブドウ糖は身体に蓄積することができないため、朝起きた時には体の中のぶどう糖はほとんど消費されている状態になります。

脳を朝からしっかり働かせるためには、朝食で適度のブドウ糖を摂取する必要があるのです。朝ごはんを抜いたら頭がぼーっとするといった経験はありませんか?これはブドウ糖が不足して脳が働いていないからかもしれませんね。

朝ごはんを食べた方がダイエットに効果あり?

朝ごはんを食べることでダイエット効果も期待ができます。

朝ごはんを抜くと食事の回数は2回になり、「身体が軽い飢餓状態」になってしまいます。この状態では、食事で食べた食材をしっかりと吸収し脂肪に蓄えてしまう傾向にあります。

この「身体が軽い飢餓状態」を防ぐためにも朝ごはんをしっかり食べて1日3食にすることは大切なのです。また、食事が1日2回と回数が減ることで、食事1回あたりの量が知らないうちに増えてしまうことが多々あります。

これは無意識に起こる現象で、結果としてカロリー摂取が増える場合があります。1回あたりの食事の量が増えるのに、体は飢餓状態で脂肪を蓄えようとしていますので体重が増加するのは驚くことでもありません。

朝ごはん抜くだけで、これだけの影響を身体に与えるてしまいますので、朝ごはんはいかに重要かお分かりいただけたかと思います。

理想的な朝食とは?


出典:https://www.photo-ac.com/

朝食が身体に良いのはご理解いただけたかと思いますが、実際にどのような朝食が理想なのか、何を朝ごはんに食べればよいのか、ここで詳しくお話をしていきます。

朝ごはんも食事ですのでバランスが重要です。

基本となるのが、主食(ごはん・パン)副菜(野菜果物)汁物(味噌汁)です。さらに加えて魚や卵、納豆、梅干し、漬物など用意できると良いです。

特に、野菜や果物は血糖値の急激な上昇を抑えるのに効果的なので、1番先に食べたいですね。しかし、朝は何かと忙しく朝からそんな朝食は準備できないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな場合には、前日に味噌汁を用意しておく、サラダを盛り付けるだけにしておく、魚や卵は調理しておくなど簡単な準備をしておくことで、朝ゆっくり朝食を準備することができます。

前日に調理した魚や卵などは電子レンジで温めればすぐに食べることができますからね。ちょっとした工夫をするだけでしっかり朝食を食べることができるようになります。

ちなみに、コンビニやスーパーで売られているおにぎりやパンは糖分や添加物が多いためお勧めはできません。また、女性の方に多いようですが朝はサラダだけという方もいらっしゃいます。

一見健康的に見えますが、サラダのみでは糖質が不足しがちになりますので、主食(ご飯かパン)は少しでも準備しましょう。

理想的なメニューは以下の構成になります。

理想的な朝ごはん構成

  • 主食・・ごはんorパン
  • 副菜・・納豆、目玉焼き+ハム、焼鮭
  • 汁物・・味噌汁(豆腐やわかめ)

これに野菜ジュースか牛乳が理想のメニュー構成です。

まとめ


出典:https://www.photo-ac.com/

朝食の重要性についてお話をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

要は「朝ご飯の時間は睡眠時間よりも身だしなみよりも最優先でとるべし」ということです。また、食事のバランスも大切ですので、朝時間がない人は前の日の夜にできるだけの朝ごはんの準備をしてみましょう。

1日をエネルギッシュに過ごすためにも、ダイエットや健康のためにも朝ごはんを食べる習慣を身につけていきましょう。

関連記事:人気の記事も一緒にどうぞ