エスポナビ-健康・ダイエット・美を発信する情報ポータルサイト-エスポNAVI

年収と食生活における関わりとは?炭水化物過多の食事改善方法について

calendar

reload

年収と食生活における関わりとは?炭水化物過多の食事改善方法について

こんにちは。

みなさんは、「自分自身の食生活について、どうですか?」と聞かれたら何と答えますか?

栄養バランス・1日の野菜などの摂取量、毎日の献立などなど・・

「しっかりと管理・把握している!」と答えられるでしょうか?

摂取カロリーは気にしてても、栄養や食事のバランスまで管理していくのは難しいですよね。

今回は年収と食生活のお話です。

統計的に年収と食生活には関係性があり、年収が低い方ほど炭水化物を摂りすぎるなどのデータがあります。

今回は、年収と食生活の違いについてと、食生活を改善するためのちょっとしたポイントを紹介します。

年収と食生活における関連性


出典:https://www.photo-ac.com/

では、早速ですが、年収と食生活がどう関係してくるのか説明したいと思います。

まずはじめに、年収300万円以下の人と1,000万円以上の人では食生活がまったく違うことが研究結果でわかったそうです。

単純に高収入の人は高くていいものを食べてるんでしょ?という問題ではありません。

食生活に対する態度が違うのです。

低所得者は、食事の量に対して敏感で、安い物でも量が多い物を選びお腹を満たす傾向にあります。

その結果、食べ過ぎが原因で食生活が不規則になったり、添加物なども気にしない為、様々な病気へのリスクが高くなりつつあることになります。

冒頭で炭水化物を摂りすぎるとお話しましたが、原因は食事の量を重視してしまう傾向にあるためなのです。

逆に高所得者の場合は、日々の食事に対して少なからず魚や野菜を摂取しようという意識があります。

毎日仕事で体力や脳・精神を労費することを見据えて、それを食事で補おうとする意識が現れている結果だということが明らかにされています。

※ここで誤解されたくないことは、「低所得者」を差別しているのではなく、研究上、統計データを取るための「区別」であることを補足しておきます。

低所得者の方は炭水化物を摂りすぎてしまう?


出典:https://www.photo-ac.com/

様々な論文や研究によって、低所得者が炭水化物を摂りすぎる傾向があると先述しました。

それは、食事のコスパを重視し「安くて腹もちがいい米やカップめん、パンなど」を食べることが多いからです。

このような食生活が続くと、栄養失調や運動不足、内臓脂肪の増加などが引き起こされ、病気にかかりやすくなってしまいます。

これではかえって医療費がかさんでしまったり、仕事の能率が下がって結果的に収入が減ってしまったりと本末転倒ですね。

今現在何も問題がないと思っていても、いずれ炭水化物過多が原因で蓄積されたものが身体に現れてきます。

低所得者の方ほど、健康診断や体のメンテナンスなどにかかる機会が少ないというデータも発表されており、より気づきにくくなっていると思います。

このように、内在的に自分の体にダメージを与え続ける状態になってしまうため、今からでも少しづつでもいいので、食生活を改善していきたいものです。

食生活のカンタン・手軽な改善方法!


出典:https://www.photo-ac.com/

では、具体的にどのように食生活を改善していけばいいのか?

いくつかカンタンにできる方法があるので、ご紹介していきたいと思います。

ゆっくりとよく噛んで食べる。

これはみなさん子供のころから言われているとおもいますし、今さら?と思うかもしれません。

ですが非常に重要な要素のひとつなのです。

早食いは、満腹中枢を刺激する前に食べ過ぎてしまう為、肥満の原因になります。

休憩時間が少ないから、次の仕事が溜まってるから、朝の時間ゆっくりしてられないから、といろいろアンケート結果が出てますが、よく噛んで食べてもそこまで時間に違いはありません。

これを意識して毎回の食事を摂るだけでも、大きな影響があると思います。

野菜や魚を意識して食べる

栄養バランスの取れた食事を語るうえでやはり野菜と魚は不可欠なものになります。

生野菜や焼き魚を摂るのが理想ではあるのですが、時間がなかったり面倒だと考えているのであれば、野菜ジュースや魚の缶詰を大量に買ってストックしておくなどのやり方からでも始めて頂きたいと思います。

缶詰やジュースなら、開けてすぐ摂取できるのでオススメです。

朝食をしっかりと食べる

健康で仕事や勉強も効率よく1日を過ごす!

これには朝食が大事になってきます。

朝食の重要性や摂り方などは、別記事を書いて過去にアップしてますので、ぜひ、そちらの記事も参考にして頂ければと思います。

参考:朝食はダイエットにも効果的!?あなたの健康を支える朝食の重要性とは

まとめ


出典:https://www.photo-ac.com/

いかがでしたか?

食事というのは、人生における楽しみのひとつであり、必要不可欠なものです。

そんな食生活をしっかりと管理し、楽しみながら過ごしていきたいものですね。

最後になりますが、パンやご飯を食べる事は悪い事ではありません。

脳の活動には炭水化物が必要だからです。

しかし、炭水化物は摂取量によって、体型や栄養面などに悩まされることになり、結果として年収に影響がでるという因果関係もあるのは事実です。

どうしてもカップ麺やパン、ご飯にちょっとしたおかずだけで食事を済ませてしまう傾向にある方は、これを機に食生活を見直してみてはいかがですか?

食生活を改善することで、健康的になり仕事もプライベートも充実していくかもしれませんね。