エスポナビ-健康・ダイエット・美を発信する情報ポータルサイト-エスポNAVI

肉ダイエット法!ダイエット中でも肉はOK!食べ方や食べる量に気を付けよう

calendar

こんにちは。

朗報です!ダイエット中でもお肉を食べて大丈夫です!

お肉が好きな人は多いと思いますが、ダイエット中は好きな食べ物を我慢してダイエットに励まないといけないという認識の方も多いのではないでしょうか?

どんなお肉、どんな食べ方でも良いというわけではありませんが、ダイエット中にお肉が好きな人は食べられるだけでもかなり気持ち的に楽だと思います。

今回は肉ダイエット法をご説明していきたいと思います。

まずは体のエネルギー源のお話

肉ダイエット法のメカニズムをご説明するにあたって、普段の体のエネルギー源になっているのは何なのかというお話から致します。

まず、体はブドウ糖をエネルギー源にして動いています。

ブドウ糖と言えば、ご飯などの炭水化物が必要だということです。

逆にブドウ糖がなくなってしまうと脂肪をエネルギー源に変えて動くことになります。

なので、炭水化物を減らすと脂肪を減らすことに効果があるという理屈になるのです。

※急に炭水化物を減らした生活にすると体調不良になる可能性があるので徐々にすることをおススメ致します。

炭水化物を減らしてお肉をいっぱい食べよう

炭水化物の量を減らすことで脂肪を減らしやすくなることが分かったかと思いますが、そこでお肉を食べることで十分なタンパク質を摂る必要があります。

それは、炭水化物を減らして体重が減る過程では筋肉も一緒に痩せる可能性が高いからです。

体重が減っても、筋肉量が減ってしまうと基礎代謝量が減ってしまうので、痩せても太りやすい体になってしまいます。

ダイエットを終えて、元の生活に戻ったらすぐに体重が戻りやすくなってしまうので、なるべくタンパク質を摂って筋肉量を減らさないようにしなければなりません。

もちろん、動物性のタンパク質だけではなく植物性のたんぱく質を摂取して上記の対策をとるのもオッケーです。

お肉を食べると脂肪を燃やす効果もある

お肉にはL-カルニチンという栄養素が含まれていますが、これが脂肪を燃やす効果があります。

厳密にいうと、L-カルニチンを摂れば脂肪燃焼するという考え方よりも、摂取すると脂肪を燃焼しやすくなるという言い方の方が正しいです。

要するに、L-カルニチンを摂って運動すると脂肪が燃焼しやすいという考え方です。

特に赤身のお肉に多く含まれています。

よく、テレビ番組でダイエット企画を見ると、食事が”野菜と赤身のお肉だけ”というのを見たことはありませんか?

ダイエットをするなら王道の食事メニューなのかも知れません。

どういった食べ方が良いの?

お肉を食べて良いといっても、どんな食べ方でも良いというわけではありません。

やはり脂っこい調理の仕方は避けた方が良いでしょう。

煮る・蒸すと言った調理の方が好ましいです。

私がおススメするものとしては夏は冷しゃぶで・冬は鍋で食べるのが良いでしょう。

もちろん油を少なめにして焼いてたべるのもありです。

お肉を食べる際には油の使い過ぎに気をつけてください。

そして、食べる順番としては先に野菜を食べる方が良いです。

今回の記事の内容とはまた別の内容ですが、人は物を食べると血糖値が上がります。

その血糖値の上昇スピードが急だとあまりよくないのです。

そのスピードを緩やかにしてくれるのが低GI食品というもので、野菜であればキャベツ・レタス・白菜・しめじなどが挙げられます。

先にそういった食品を食べることで血糖値の急な上昇も抑えられますし、その他野菜もお肉と一緒に食べることで食物繊維・ミネラル等も摂れますので、お肉ダイエットの際も野菜を一緒に摂取することをおススメします。

しかし、野菜の中でもじゃがいも・さつまいも・とうもろこし・かぼちゃなどは糖質が多いので、摂り過ぎには注意です。

実際お肉ダイエットを続けていくとどうなる?

これは個人差があるので一概には言えませんが、あくまで私自身と私のお客様の例でお話をしていきます。

まず、炭水化物を抜くこと自体ははじめの1カ月は空腹に悩まさせるでしょう。

お肉をいくら食べても良いとしてもやはりごはんとお肉では差があるなといった印象です。

しかし、それを続けていくとだいたい2~3か月後ぐらいには驚いたことにご飯を食べなくても平気になってきます。

私の場合、一日丸々炭水化物を摂らないといったことではなく、お昼はご飯を普段通りに食べていました。

それでも夜の炭水化物は食べなくても平気な体になっていきました。

これについては科学的根拠もあるのですが、お話すると長くなってしまうので今回は割愛させて頂きます。

そういった状況になったら痩せるスピードが促進されていきます。

そこに筋トレも一緒に行うことで”筋肉痩せ”を極力抑え体重を落とせますので、結果、「体脂肪率がみるみる減る」状態になるのです。

まとめ

まず「ダイエット中はお肉を食べてダメだ」という概念を外すこと自体がダイエット中の精神的な部分でプラスになるかと思います。

ダイエットは一種の修行のように臨む方もたまに見受けられます。

そうなってくると精神的にも辛いですし、成功してもその反動でリバウンドに繋がるというケースも全然ありえます。

そうではなく、ダイエットを自分のライフサイクルの中に上手く入れてしまい、なるべく楽しく行うことが継続にもつながりその先に成功があるのです。

今回のお肉ダイエットも、お肉が好きな人はお肉をしっかり食べる。

しかし、その食べ方を注意したり、お肉を食べる事がダイエットにどのような影響があるのかを把握することで、自然と自分自身食生活全体にも気をつけ、その結果、健康的に痩せるということにつながるのではないでしょうか。