エスポナビ-健康・ダイエット・美を発信する情報ポータルサイト-エスポNAVI

睡眠の理想的な時間は?睡眠の質を上げてより快適な毎日を過ごす方法

calendar

reload

睡眠の理想的な時間は?睡眠の質を上げてより快適な毎日を過ごす方法

人間は人生の3分の1は寝ていると言われているくらいに睡眠時間は長く、それだけに生きていくうえで睡眠は大切なものです。

一般的に理想の睡眠時間は6~7時間だと言われておりますが、これは皆さんも聞いたことがあると思います。しかし、日々の生活の中で十分な睡眠時間を確保することが難しい場合もあり「仕事で夜が遅い」「仕事と育児の両立のため」などが理由に挙がると思います。

睡眠時間の確保が難しい場合におすすめなのが、睡眠の「質」を上げることです。睡眠の「質」を上げるとはどういうことなのか?この記事では詳しく説明をしていきます。この機会に良い睡眠を手に入れて、いつもよりスッキリした毎日を過ごせるようにしていきましょう。

睡眠の障害を持つ人は思っているよりも多い


出典:https://www.photo-ac.com/

厚生労働省の調査によると日本人の約20%、5人に1人は睡眠時に何らかの障害を持っていることが分かっているそうです。

睡眠に障害があると聞くとあまり良いイメージはしませんよね。

実際に睡眠の障害の一つでもある睡眠不足は、高血圧や糖尿病、動脈硬化といった生活習慣病の原因になると言われています。しかしながら、日本人は労働時間が長い傾向にあり睡眠時間を十分に確保することが難しい方がたくさんいるのです。

育児と睡眠を両立している方なら、なおさらだと思います。やはり、睡眠は時間の確保が難しい場合には、質を上げるように意識していきたいですね。

以外と身近に?睡眠の質を下げてしまう3つの悪習慣


出典:https://www.photo-ac.com/

十分に寝たはずなのに、起きたときにだるさを感じることや満足感を感じないことはありませんか?

そのような方は、もしかしたら睡眠の質を下げてしまっているかもしれません。ここでは睡眠の質を下げてしまう代表的な3つの習慣を紹介します。

寝る前にスマホを操作している

すでにご存じの方も多いと思いますが、スマホやPCは画面からブルーライトという光を発しています。このブルーライトと睡眠がどんな関係があるかというと、夜になると本来睡眠を誘発するために出るホルモンの分泌を妨げてしまうのです。

ブルーライトを発する身近にあるものは、スマホ、パソコン、テレビです。特にスマホは布団の中でも操作ができてしまうため要注意です。寝る前にスマホをいじる習慣がある人は多いと思いますが、睡眠前1時間前からはスマホなどはやめて部屋を暗くして睡眠に入る準備をしましょう。

ストレス過多も睡眠を妨げる原因に

ストレスは体を緊張させ交感神経を活発にする作用があり、ストレスを抱えたままだと睡眠の質を下げてしまう原因になります。簡単に言うと、ストレスが原因で体がやや興奮した状態になってしまうということです。ストレスはできる限り発散してベッドに入るように心がけると良いですね。

もし、ストレスの解消法が見つかっていないという方がいましたら、運動がおすすめです。運動にはストレス解消の効果があり、またより健康になります。ストレスを感じたら、思いっきり体を動かしてみましょう!

体に合った寝具を使っていない

寝具はとても大切で、自分に合っていない寝具を使用していると睡眠の質を下げてしまいます。柔らかいものや固いものなど色々な寝具がありますが、その中から自分に合った寝具を選ぶのも楽しそうですね。

寝具を買うときは、ネットなどで買うより実店舗がおすすめです。枕や布団などお店で実際に触って試してから買うようにしましょう。

理想的な睡眠とは


出典:https://www.photo-ac.com/

睡眠時間ですが、アメリカで行われた寿命と睡眠時間の関係において睡眠時間7時間という方が一番長生きすることが分かっています。

さらに睡眠時間は7~8時間が一番心臓病になりにくいという結果もあります。個人差はあるでしょうが、7時間前後の睡眠が一番良いといえます。

睡眠に入る前が大事

理想的な睡眠とは、実は睡眠に入る前から始めっています。

睡眠に入る前は皆さん、どのようにしていますか?

直前までテレビを見たりスマホをいじったりしていませんか?

先ほども書いたようにブルーライトを発する機器は睡眠1時間前までにはやめるようにしましょう。さらに部屋はいつもより暗くしていきましょう。「これから睡眠に入る」ことを体と脳に教えておくのです。これだけで睡眠の質を上げることができます。

ゆっくりお風呂に入る

寝る前にはお風呂に入ってゆっくりしましょう。一度体温を上げて、体温が下がり始めた頃に布団に入ると入眠が良くなります。夜にお風呂に入ることで体温を上げることができますので、寝つきを良くすることができます。

また、お風呂は体温を上げてくれるほかに、ストレス軽減効果も期待できます。睡眠の質を高めるためにもいつもよりお風呂でゆっくりしてみてはどうですか?

シンデレラタイムは逃さずに

夜の10時から深夜2時までの4時間はシンデレラタイムと呼ばれています。女性の方なら知っている人も多いかもしれませんね。この時間帯は成長ホルモンが分泌される時間で、体のターンオーバーが行われる時間です。

この時間帯にしっかり睡眠をとることで体はさまざまな良い影響を受けることができます。いつも家事などで夜遅くになる人は、早めに寝てその分早起きして家事などをするようにしたいですね。

まとめ


出典:https://www.photo-ac.com/

いかがでしたか?

睡眠は大事だと分かっていても、自分の睡眠のことはあまり気にすることは少ないのではないでしょうか?

ちょっとしたポイントを抑えるだけで睡眠の質は上げることが可能です。睡眠時間は7~8時間が理想ですが、なかなかその時間睡眠をとることができないこともありますよね。そんなときでも、質を上げる習慣を身に付けてより良い睡眠をとれるようにしてみてはどうでしょうか。睡眠の質を上げてより快適で健康的な毎日を過ごしてみましょう。

関連記事:人気の記事も一緒にどうぞ