エスポナビ-健康・ダイエット・美を発信する情報ポータルサイト-エスポNAVI

水中エクササイズで脂肪燃焼!ダイエット効果も期待大!

calendar

reload

水中エクササイズで脂肪燃焼!ダイエット効果も期待大!

皆さんは水中で行うエクササイズにて、どのくらい知っていますか?水中で行うエクササイズでは、陸上で行うエクササイズよりも運動効果が期待できます。

なぜ同じ有酸素運動なのに水中の方がより効果が期待できるのでしょうか。今回は水中エクササイズでどんな効果が得られるのか、どのようなエクササイズがあるのかをお話していきます。

水中エクササイズについて


出典:https://www.photo-ac.com/

水中エクササイズでよく聞くのは「水中ウォーキング」や「アクアビクス」ではないでしょうか。内容を知らなくても聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

その名の通り水中を歩く「水中ウォーキング」

水の中を歩く水中ウォーキングは、陸上で歩くよりも短時間で効果が得られると言われています。それは、水の中では水の抵抗を受けるからです。体に抵抗を受けるため、同じ時間運動しても水中の方が消費カロリーが高かったり、筋肉への負荷が大きくなる傾向にあります。

さらに、水中での運動は浮力に働きにより膝や腰などにかかる負担が軽くなるため、ご高齢の方や膝や腰などに不安がある方の運動としても人気があります。水中ウォーキングは水に顔付けたり潜ったりはしませんし、動作は「歩く」ことですので誰にでも気軽に始めることができる運動の一つです。

水中で行うアクアビクスでさらに脂肪燃焼効果を

アクアビクスを簡単言うと水中で行うエアロビクスです。エアロビクスをはご存知の方も多いかと思いますが、有酸素運動プログラムの代表格でもあります。それを水中で行うことで、エアロビクスの持つ有酸素運動効果と水の抵抗を利用した筋力トレーニング効果を一緒に得ることができます。

アクアビクスでは水中ウォーキングよりも運動強度の高いジャンプやジョギングなどの動作も取り入れており、より効果的な運動を行うことができます。もちろん、前にも紹介したように水の浮力の働きにより膝や腰などへの負担はかなり軽減されますので、安心してエクササイズすることが可能になります。

水中で運動すことで得られる効果とは


出典:https://www.photo-ac.com/

水中でエクササイズを行う場合には陸上とは異なる4つの特徴があります。「水圧」「水温」「浮力」「抵抗」です。どれも水中ならではのメリットになります。

「水圧」で血行が良くなる

まず水圧の話です。水圧とは聞いたことがある人がほとんどかと思いますが、水から受ける圧力のことです。水中では水の中にある身体に水圧を受けることになります。

この圧は軽いマッサージ効果があり血行を良くし、むくみの改善や代謝アップにもつながります。また肺に圧力がかかることで呼吸器が強くなり、心肺機能の向上にもつながります。

カロリー消費をさらに効率よくする「水温」

一般的な室内プールの水温は30度前後かと思います。競泳を行うプールでは30度弱、水中運動がメインのプールでは30度ちょっとくらいがよくある水温です。水は空気よりも良く温度が伝わりやすいため、水中に入ると体温はどんどん水に奪われていきます。

ですが、体温を下げるわけにはいきませんので体の中でカロリーを消費し体温維持する働きが動きます。結果としてプールの中では自然とカロリー消費が高くなるのです。

陸上ではできない運動も可能にする「浮力」

プールでの運動の話しをするうえで欠かせないのが「浮力」です。プールの中では浮力の働きによって体重が10分の1になると言われています。それだけ膝や腰など下半身にかかる負担を軽減することができるのです。

足腰に不安があり、陸上で走ったり飛んだりはできない方でも、水中では可能になる場合があります。これは浮力に働きによるもので、陸上ではできない運動もプールの中ではできるということは多々あります。

水中エクササイズで気を付けることは?


出典:https://www.photo-ac.com/

水中エクササイズは水に顔を付けたり、潜ったりはしませんので溺れる心配はかなり少ないですが、水中ならではの注意点があります。運動を始める前にしっかり覚えておきましょう。

水分補給はこまめに行う

水中の運動でも陸上と同じようにこまめに水分補給する必要があります。水中では常に体が水の中にあるため気づきませんが、陸上と同じように汗をかいています。運動の効率を下げないためにも喉が渇いたと感じる前に水分補給することを心がけましょう。

体調に不安があるときはプールに入らない、すぐにあがる

水中に限らず、陸上でも体調がすぐれない時は運動を控えるのは当然といえば当然です。無理せずに体調が悪い時は休むことを徹底しましょう。

水中では陸上と違い、入っているだけで体温が奪われていきますので、さらに注意が必要です。体調の悪化を防ぐためにも、体調が悪いときはプールに入らない、体調が悪くなったらプールから上がるを徹底してください。

まとめ


出典:https://www.photo-ac.com/

水中エクササイズの効果について理解いただけたかと思います。水中での運動は脂肪燃焼にも筋力トレーニングにも効果的で効率よく運動することができます。普段からプールには入らない方も、これ機にプールに入って運動してみてはいかがですか?

関連記事:人気の記事も一緒にどうぞ